8月10日(土)に晴海埠頭で打ち上げされました“東京湾大華火大会”を見てまいりました。港区海岸にある自社所有のビル屋上から、打ち上げ場所が眼下にある絶好のスポットでの花火見学です。東京湾いわゆるウォーターフロント最大の花火大会で、約12,000発が猛暑の夜空を彩りました。
開催は18時50分からですが、ビルの下を走るモノレールゆりかもめ「日の出駅」に到着するモノレールは開始30分程前から開始後30分くらいまでは、すし詰め状態で、お台場や豊洲に向かう方が多かったのだと思われます。この日は日中38度を超えるこの夏一番の暑さでしたし、花火打ち上げの時間になっても33度程の気温が観測されていました。「日の出駅」の周辺もたくさんの方が道路に場所取りして見学されていました。

tokyo-hanabi01.jpg

tokyo-hanabi03.jpg

tokyo-hanabi04.jpg

tokyo-hanabi05.jpg

tokyo-hanabi06.jpg

tokyo-hanabi07.jpg

tokyo-hanabi08.jpg
花火は20時20分頃に終了しました。
終わっても暑さはまだまだ厳しく、帰りの混雑と重なって、汗だくで家路につきました。
ニュースではこの花火大会には約68万人もの人が集まったそうです。
夏の風物詩である花火大会は、まだまだ各所で開催されると思われますので、機会があったらまたどこかで楽しみます!