11月20日(日)に、晩秋の山々を眺望のすばらしい長野県上田市にある美ヶ原高原で満喫してきました。
前日はかなり雨が降りましたが、この日は夜明け前から星空がきれいな快晴でした。
朝3時40分に家を出まして、関越自動車道経由で、佐久南I.C.から長野県美ヶ原高原を目指しました。
佐久南I.C.から向かう道中は、濃霧で視界が悪く、山の景色に不安がよぎりました。
美ヶ原高原への麓付近は、霧が晴れて、青空が広がり始めました。
6時30分位に美ヶ原高原美術館のある道の駅に到着しました。
なんと気温は3度です。(車内カーナビ表示で確認しました。)

utsukushigahara01.JPG

utsukushigahara02.JPG

utsukushigahara03.JPG

すでに美術館は10月中旬で閉園期間となっている為、レストランなども封鎖されていて、トイレのみ使用ができます。
ビーナスラインにて、この美術館に向かう直前の景色に驚きました。
見える景色は雲海と山々で、これほどまでの雲海を見たことは生涯初めてでした。
ちょうど濃霧であった佐久南のあたりも雲の下だったという事でしょう。

さあご覧ください。ここの標高は1900m程度です。

utsukushigahara04.JPG

utsukushigahara05.JPG

utsukushigahara06.JPG

utsukushigahara07.JPG

utsukushigahara08.JPG

この絶景を見ながら、朝食を摂りました。最高の朝です!

この日はハイキングも可能な場所ですが、きちんとした登山ルートで山頂である「王ヶ頭」「王ヶ鼻」を目指します。
車を登山口スタート地点である山本小屋ふるさと館に移動して、準備を整えます。

さあ7時40分にいよいよスタートです。気持ち良い晴天の下、少し気温が上がってきました。
パノラマコースという一般の方でもハイキングが楽しめるまっすぐな牧場沿いの道を歩いていきます。

utsukushigahara09.JPG

utsukushigahara10.JPG

utsukushigahara11.JPG

utsukushigahara12.JPG

utsukushigahara13.JPG

ここは先ほどの美ヶ原高原美術館から牛伏山を通ってここまでくるハイキングルートです。
車で移動したので、ここは通りません。(写真撮影のみです。)
まずは少し先の美ヶ原高原ホテル山本小屋を目指します。

utsukushigahara14.JPG

美ヶ原高原ホテル山本小屋を通り過ぎると、美しの塔が現れました。
まわりは牧場ですので、夏場は牛が放牧されています。

utsukushigahara15.JPG

utsukushigahara16.JPG

遠くにあるのが山頂の一つ「王ヶ頭(おうがとう)」です。電波塔が数多く見られます。

utsukushigahara17.JPG

utsukushigahara18.JPG


こちらの美しの塔から右側が牧場と牛伏山・美ヶ原高原美術館の方向です。
この先の塩くれ場から分岐となります。

utsukushigahara19.JPG

左方向がアルプス展望ルートという登山道になります。
右側はハイキング可能な王ヶ頭ホテルに向かうことができる道です。

utsukushigahara20.JPG

utsukushigahara21.JPG

utsukushigahara22.JPG

見晴らしの良い登山道を進みます。それほど急な上り下りはありません。

utsukushigahara23.JPG


さあ少し急な登り坂が近づいてきました。ちょうど王ヶ頭ホテルの直下にたどり着きました。
あと少しで山頂です。

utsukushigahara24.JPG

ここがホテルの裏手にある山頂です。標高2034mになります。

utsukushigahara25.JPG

信仰の山です。その証である岩に彫刻されたものがありました。

utsukushigahara26.JPG

utsukushigahara27.JPG

山頂からも雲海が見えています。
まだ9時を少し回ったところです。
さらにこの先にある絶景ポイント「王ヶ鼻」を目指します。
途中まだ新しいイノシシの足跡がたくさんありました。

utsukushigahara29.JPG

utsukushigahara28.JPG

utsukushigahara30.JPG

紅葉はほとんど終わっておりますので、少し寂しい感じです。
さあもう少しです。

utsukushigahara31.JPG

王ヶ鼻に到着です。かなり期待できる眺望があります。

utsukushigahara32.JPG

utsukushigahara34.JPG

utsukushigahara35.JPG

まだまだ見える雲海です。まだ9時30分です。

utsukushigahara36.JPG

きれいな山々です。遠くにもたくさんの山並みを見ることができます。
utsukushigahara37.JPG

utsukushigahara38.JPG

ここは八ヶ岳、富士山、アルプス連峰など、100名山においては41座が見渡せる場所なのです。
それ以外の山々もきれいに聳えています。
富士山、北岳、間ノ岳と高さ日本1位、2位、3位が3つ一緒に見える場所でもあります。
絶景かな・・・!

utsukushigahara40.JPG

utsukushigahara41.JPG

utsukushigahara42.JPG


ここではゆっくり過ごしてきました。
少し風があって寒さを感じながら、
温かいショコラオレをいただき、栄養補給で、スポーツ羊羹もいただきました。
さあ10時を回り、下山というか、王ヶ頭に戻ります。

utsukushigahara33.JPG

utsukushigahara43.JPG

ここが王ヶ頭ホテルになります。美ヶ原高原最高峰にある、360度大パノラマの展望が魅力です。

utsukushigahara44.JPG

utsukushigahara45.JPG

夜の星空は格別らしいです。通年で利用できるところで、
特別階スイートルームは、1名あたり31,000円~や35,900円~と季節ごとで楽しめそうです。
その他展望風呂付の部屋が1名あたり25,000円~となっています。
ぜひ泊まってみたいものです。
この周辺はテレビ局の電波塔がたくさん建っています。
ここは長野県の中央部にあることから、昭和27年に国家警察が使用し始めた場所であり、
昭和33年からテレビ放送を開始したそうです。
世界にもなかった「マウンテントップ方式」という、山の上から電波を流すことで、
全県に電波が行き届くと考えたことによるそうです。

utsukushigahara46.JPG

utsukushigahara47.JPG

utsukushigahara48.JPG

ここから45分ほどでスタート地点の山本小屋ふるさと館に戻りました。
まだ時間も11時を少し回ったところで、ビーナスラインを経て、麓の長和町にある道の駅で、
昼食を取りました。信州のおそばをいただきました。
その後、道の駅のすぐ近くにある町営の温泉でゆっくりしまして、佐久I.C.を目指しました。
先日の蓼科山の帰りにも立ち寄った小諸にある丸山珈琲で休憩を取ってから、帰路につきました。

utsukushigahara49(omake).JPG

コーヒーは、期間限定のクリスマスブレンド赤です。
深煎りで、グアテマラ、エチオピア、インドネシア、ケニアのブレンドです。
ケーキはパステルという少し甘酸っぱいイチゴと甘いクリームが絶妙です。

なかなか天候に恵まれない2016年登山でしたが、ようやく絶景を堪能することができました。
大変良い休日を過ごせました。